オンライン健康プログラム

\オンラインイベントを開催しました!/

 健康体会員様に日頃の感謝の気持ちを込めて、パソコンやスマートフォンで参加できる「オンライン健康プログラム」を開催しました。

\当日の様子はこちらから/

(動画再生7分39秒)

プログラム

 今回で3回目となるオンラインイベント。前半は、日本高血圧協会理事長の島本和明先生をお招きし 「高血圧」についてお話を伺い、後半は北海道にある伊藤園専用にんじん「朱衣」の畑から「減塩レシピ」をご紹介させていただきました。 ご参加いただいた皆さま、本当にありがとうございました!
※オンラインビデオ会議システム「Zoom」を使用しました。

■第一部 学ぶ:血圧について知ろう!

島本先生

 日本人の高血圧者数は推定4300万人。まさに日本人の国民病とも言われている高血圧。 参加者の皆さまからいただいた事前の質問に島本先生が回答する形で丁寧に解説していただきました。
※高血圧治療ガイドライン「日本高血圧学会」2019

高血圧 高血圧

 「年齢とともに血圧は上がるの?」「高血圧だとどんなリスクがある?」「血圧を下げる効果的な方法は?」など、ご年配の方から若い方まで、男性も女性も、ご自身の事として皆さま真剣に耳を傾けていらっしゃいました。「50歳を過ぎたら血圧は定期的に計り、塩分を控えたお食事を心がけましょう!」と教えていただきました。

■第二部 楽しみ:もう我慢しない美味しく減塩生活

 「GABA」には、血圧が高めの方の血圧を下げる機能があることが報告されています。当日は北海道の大自然の中から「健康体GABAトマト」とGABAが多く含まれている伊藤園専用にんじん「朱衣」を使った減塩レシピをご紹介いたしました。

朱衣

 『濃厚な「健康体GABAトマト」だから食塩を加えない「減塩ミネストローネスープ」ができるのです。』と語ってくださったレシピ監修の小山浩子先生。我慢することの多い減塩の食事ですが、おいしく手軽にできるポイントを教えていただきました。

『健康体 GABAトマト』を使った
\「減塩ミネストローネ」のポイント/

  • ・通常塩分1.5〜2.5gのミネストローネ。今回はなんとその半分以下!

  • ・ベーコンを千切りにすることで出汁が出やすい!

  • ・野菜は水で煮込まずオリーブ油を加えてレンジ蒸しをすることで、下味の塩いらず!

  • ・『健康体 GABAトマト』が味の下支えしているから、塩やコンソメ不使用でもおいしさの方程式が成り立ちます!

詳しい材料とレシピはこちらから

減塩レシピ GABAシリーズ

■最後に

 ご参加いただいた皆さまと楽しいひとときを共有できたこと、スタッフ一同、心より感謝いたします。 「島本先生の話が分かりやすくて、今日から血圧気にしよう、と思いました!」 「みんなの美味しい!という言葉で早速飲んでみたくなりました。」など、多数の嬉しいお声をいただきました。 参加者の皆さま、本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

集合写真 集合写真

<お客様のお声>

お客様の声 お客様の声

『健康体 GABAトマト』を使った「減塩ミネストローネ」

1人分あたりの栄養価
※『健康体 GABAトマト』の食塩相当量により0〜0.35gの変動があります。
  • エネルギー

    290kcal

  • たんぱく質

    9.9g

  • 脂質

    15.9g

  • 食塩相当量

    0.3〜0.65g

材料(1人分)

A

にんじん

30g
※5o厚さの1p角切り

玉ねぎ

30g
※1p角切り

じゃがいも

30g
※5o厚さの1p角切り 水にさらす

セロリ

30g
※5o厚さの輪切り

スライスベーコン

1/2枚(10g)
※千切り

白こしょう

小さじ1/10

オリーブ油

小さじ2(6g)

プチトマト

3個(30g)
※半分に切る

『健康体 GABAトマト』

1缶

ミニモッツァレラチーズ

3個24g
※切り込み入れておく

粗びき黒こしょう

適量

パセリ

適量

作り方
切る、混ぜる、チン!で簡単♪

1. ふた付きの深めの耐熱容器に、Aをすべて合わせ、スプーンで和える。プチトマトを表面に切り口を下にして並べる。

2. クッキングシートでしっかり落としぶたをし、容器のふたをふんわりして、電子レンジ(600W)で5分加熱する。

3. そのまま5分おく。全体に煮汁がからまるようにしっかり混ぜる。

4. 3.に『健康体 GABAトマト』を加え、ふんわりふたをして、電子レンジ(600W)で2分加熱する。

5. モッツァレラチーズを加え、器に盛り、黒こしょうとパセリを散らし完成!

小山 浩子氏

料理家・管理栄養士

小山 浩子

著作も多数あり、「目からウロコのおいしい減塩 乳和食」で2014年グルマン世界料理本大賞イノベイティブ部門世界第2位、2019年には「やさしい、おいしい はじめよう乳和食」で同大賞チーズ&ミルク部門世界第2位を受賞。健康と作りやすさに配慮したオリジナルレシピを発信し続けている。2015年1月、日本高血圧協会理事に就任。メディアで話題の乳和食の開発者でもある。