教えて、栄養士さん!
足りない栄養素はどう補えばいいの?

健康ブームの高まりを受け、食事や栄養素に関心をもつ人が増えています。
現代人の食事の問題点と改善のためのヒントを伊藤園で働く管理栄養士に聞きました。

伊藤園 販売促進部 管理栄養士 西原佐栄

伊藤園 販売促進部
管理栄養士

西原佐栄

2008年入社後、品質管理や開発などを経て現職。好きな商品は『純国産 1日分の野菜』と『Relaxジャスミンティー』。「野菜飲料を健康のお守りのような存在として、生活の中に取り入れてほしいと思います」。

日本人の食事はビタミン・ミネラル不足

──日本人の食事に問題はありますか?

西原 日本人は健康的な食生活を送っているというイメージがあるかもしれませんが、じつは、さまざまな問題を抱えています。例えば野菜不足。厚生労働省は成人の野菜摂取目標値を1日350g以上と設定していますが、どの年代を見ても達していません。

──野菜類が不足すると、どんな問題が起こるのですか?

西原 野菜に含まれるビタミンやミネラルは、炭水化物や脂質、たんぱく質といった三大栄養素が働く際の潤滑油のような役割をしています。そのため、ビタミンやミネラルが不足すると、三大栄養素を摂っても効率的に利用できず、疲れやすかったり、不調が起きやすくなったりするのです。

教えて1 すべての栄養素が必要なのはなぜ? 「栄養素はバランス良くそろって、うまく働きます」 炭水化物や脂質、たんぱく質は体内でエネルギー源となったり、体の組織を作ったりする働きをします。それを助け、体の調子を整えるのがビタミンやミネラル、食物繊維の役目。どれが不足しても体の健康を保つことが難しくなります。 六大栄養素とは、五大栄養素(炭水化物・たんぱく質・脂質・ビタミン・ミネラル)と食物繊維のことです。すべての栄養素を『純国産1日分の野菜』が補えるものではありません。

野菜飲料を活用して野菜不足を補う

──いろんな栄養素をバランス良く摂ることが大事なのですね。では、野菜に多く含まれる栄養素の中で、高齢の方に特に必要なものは何でしょうか?

西原 まずは骨の健康を保つために不可欠なカルシウムやビタミンDなどでしょうか。また、食物繊維も欠かせません(※1)。ところが、カルシウムも食物繊維も60代以上の男女ともに必要量に足りていないのが現状です(下の表参照)。
 その一方で、健康を意識される方から積極的に摂取したいという声が多いのが、血液に含まれるヘモグロビンの成分となる鉄や、さまざまな酵素の構成要素である亜鉛です。

教えて2 多くの人が野菜不足って本当ですか? 「野菜摂取量350gを満たしていない人がほとんどです」 性・年代別1日の野菜摂取量 20代から70代までどの世代の男女とも、厚生労働省が定めた野菜の摂取目標値350gより低いのが現状です。 野菜から摂れる栄養素は、高齢層でも不足しがち(※2) 男性60代 ビタミンA効力(マイクログラム) 必要量600 平均摂取量559 ビタミンC(mg)85 平均摂取量105 カルシウム(mg) 必要量600 平均摂取量539 鉄(mg) 必要量6 平均摂取量8.7 食物繊維(g) 必要量20 平均摂取量16.5 カリウム(mg) 必要量2500 平均摂取量2566 マグネシウム(mg) 必要量290 平均摂取量284 亜鉛(mg) 必要量8 平均摂取量9.1 女性60代 ビタミンA効力(マイクログラム) 必要量500 平均摂取量538 ビタミンC(mg) 必要量85 平均摂取量121 カルシウム(mg) 必要量550 平均摂取量543 鉄(mg) 必要量5.5 平均摂取量8.1 食物繊維(g) 必要量18 平均摂取量16.1 カリウム(mg) 必要量2000 平均摂取量2476 マグネシウム(mg) 必要量240 平均摂取量259 亜鉛(mg) 必要量6 平均摂取量7.6 カルシウムや食物繊維といった高齢の方に必要な栄養素が不足しがちであることがわかります。

※1 炎症性の腸疾患など、症状によっては食物繊維の摂取が逆効果になることもあります。ご自身で判断せず、医療機関にご相談ください。
※2 平成29年「国民健康・栄養調査」(厚生労働省)をもとに作図。

──最近では、それらの栄養素をサプリメントなどで補おうとする方も多いと聞きます。野菜不足はそれで解決できますか?

西原 サプリメントでも一定の効果は得られます。しかし、野菜にはまだ私たちが知らない健康に良い成分が含まれている可能性があるのです。例えば、トマトの成分「リコピン」も、効果が知られるようになったのは近年の研究からです。おいしく味わいながら多様な栄養素を摂り入れられるのは、サプリメントにはない野菜ならではの魅力です。

──とはいえ、毎日さまざまな野菜を摂り続けるのはハードルが高いのではないかと思います。

西原 外食が多い方や食の細い方にとっては、たっぷりの野菜を摂るのは難しいかもしれません。そんなときには野菜飲料を活用するという方法もあります。簡単に済ませてしまいがちな朝ご飯や、お昼ご飯に、野菜飲料を1本添えてみてはいかがでしょうか。
 野菜飲料を料理の素材として使うのもおすすめです。スープやカレーなどに利用すれば、ご家族の野菜不足を補えます。
 このようなことを参考に、野菜不足がより深刻な世代にも、野菜飲料を上手に活用して栄養を補っていってほしいですね。

手軽に栄養素が摂れる野菜飲料はすべての世代におすすめです。