• 下半身を全体的に鍛え
    股関節の柔軟性もアップ!

    フロントランジ

    おすすめの回数 1日10回×2セット

 今回ご紹介する「フロントランジ」は、下半身の「筋力」と「バランス」を全体的に鍛えられるだけでなく、股関節にも刺激を与えられるので柔軟性もアップ。まさに一石三鳥です。

 海外の研究でも、ウォーキングや足の筋力トレーニングによる、転倒防止効果と大腿骨近位部(太ももの付け根部分)や腰椎の骨密度の上昇が報告されています。腰椎と大腿骨は高齢者が骨折しやすく、腰痛や寝たきりの原因にもなります。フロントランジを習慣にして、骨と筋肉を鍛えましょう。

  • 両手は腰に
  • 踏み出した足に重心を移動 背筋は伸ばしたまま ひざはつま先より前に出ない
  • 背筋を伸ばし、両足を肩幅に開いて立つ

  • 片足を大きく前に踏み出し、重心をかける

  • 踏み出した足で反動をつけ、元の姿勢に戻る

  • 反対側の足も同様に前に踏み出し、重心をかける

  • 踏み出した足で反動をつけ、元の姿勢に戻る

  • 足を踏み出すときは、バランスを崩さないように気をつけましょう。また、足を踏み出して腰を落とすときは、ひざがつま先より前に出ないことが大切です。1から5までを10回繰り返し、2セット行いましょう。

藤田医科大学病院 国際医療センター 教授 山王メディカルセンター 女性医療センター 医師 太田博明(おおた ひろあき)

監修

太田博明(おおた ひろあき)

藤田医科大学病院 国際医療センター 教授
山王メディカルセンター 女性医療センター 医師

慶應義塾大学医学部卒、米国ラ・ホーヤ癌研究所訪問研究員、慶應義塾大学医学部助教授、東京女子医科大学産婦人科主任教授を経て、2019年より現職。日本骨粗鬆症学会元理事長、日本抗加齢医学会監事。著書に『骨は若返る!―骨粗しょう症は防げる!治る!』(さくら舎)がある。