『まるごと黒豆茶』商品化のヒントは抹茶!
黒豆をまるごと粉砕しました

骨の成分の維持に役立つといわれる「大豆イソフラボン」に注目して誕生した『まるごと黒豆茶』。こだわりの商品開発について、担当者に聞きました。

伊藤園 マーケティング本部 「健康体」商品チーム チーフ 小林素子

伊藤園 マーケティング本部
「健康体」商品チーム チーフ

小林素子

1997年入社。営業、販売促進を経てマーケティング本部へ。商品担当として、特定保健用食品『Styleeスパークリング』や『りんご酢』などの商品を開発。好きな商品は『お〜いお茶 ほうじ茶 』『水素水』。

骨をサポートする機能が豆に含まれている!?

 黒豆に着目したのは、弊社の『伝承の健康茶 黒豆茶』がじわじわと売れていたからです。「健康体」でも黒豆を使った新商品が作れないだろうかと考えました。

 黒豆は大豆の一種で、胚芽には大豆イソフラボン、種皮にはポリフェノールが含まれています。調べるうちに、大豆イソフラボンには骨をサポートする機能もあることがわかりました。骨によい成分といえば、牛乳と小魚などに含まれるカルシウムや、その吸収を助けるビタミンDしかないと思っていましたから、自分にとっても驚きでした。私も更年期が近づいてきて骨の健康は身近な問題。しかも、骨はその衰えに気づいたときには遅いといわれています。多くの方に骨の問題について気づいてほしいという思いもあり、開発をスタートしました。

 しかし、従来の抽出するタイプの黒豆茶には、大豆イソフラボンがあまり含まれません。そこで、ヒントになったのは、伊藤園でも力を入れている抹茶です。抹茶はお茶の葉(碾茶)を蒸して粉砕した粉末なので、茶葉の栄養が“まるごと”摂取できます。黒豆も抹茶のように粉砕してお湯に混ぜたものを飲めば、栄養素をまるごと摂取できると思ったのです。お茶の伊藤園として培ってきたノウハウが、とても役に立ちました。

苦労したのはなめらかさと香ばしさを出すこと

 問題は、飲んでいる間にすぐに粉末が沈殿しないよう、どのくらい細かい粒子にするか。そのためには、粒子の均一化が重要でした。大豆に最適な粉砕機を探して試しましたが、大豆は油分が20%以上もあり、粉砕しすぎると“練りごま”のようになってしまいます。そうならない限界まで細かくすることに苦心しました。沈殿化を防ぐために、デンプンを加えてとろみをつける案も試しましたが、香ばしさが感じられず、味もいまひとつでボツに。最終的に、より細かくするには1種類の粉砕機では限界があったので、抹茶でも利用する2種類の粉砕機を使う方法で、沈殿しづらい最適な粒子のサイズにたどり着くことができました。

 もうひとつ苦労したのが焙煎です。「焦げや苦みは感じないが、香ばしさを感じる」というギリギリのラインを目標に、火の強さと時間の組み合わせをいろいろ試し、香ばしさの頂点を探りました。ただ、無糖ではおいしくなかったため、砂糖やハチミツなどを試していちばんおいしかった黒糖を少量加えることを選択。黒糖の旨みと、大豆ならではのきな粉のような味わいがぴったりマッチしました。

 こうして完成したのが、やさしいカフェラテのような味わいの、まったく新しい「黒豆茶」です。粉末なので、温めた牛乳に混ぜたり、ヨーグルトにかけたり、摂り方もいろいろ楽しめます。私のおすすめは牛乳ですね。黒豆と相性バッチリです。

 骨の丈夫さは目には見えませんが、未来の自分のために「骨活ほねかつ(※)ティータイム」をコツコツと実践していただけるとうれしいです。

※伊藤園では、丈夫な骨を維持したい方に向けた「骨の成分を維持するための対策や活動」を“骨活ほねかつ”と呼んでいます。

  • 開発でこだわったのはココ!
  • 焙煎で香ばしく

    焙煎で香ばしく

    おいしいと感じられる香ばしさを追求しました。

  • W粉砕方式を採用

    W粉砕方式を採用

    粉末が沈殿しないよう細かく粉砕。食感もなめらか。

  • 国産の黒糖をプラス

    焙煎で香ばしく

    コクと甘みのある黒糖は、黒豆との相性もバッチリ!

丈夫な骨を維持したい方に!『まるごと黒豆茶』
  • 通信販売限定 機能性表示食品

    黒豆を焙煎し、まるごと粉砕した粉末茶です。骨の成分の維持に役立つ機能があるとされる大豆イソフラボンを、1本あたり25mg含有。骨の健康をサポートする機能性表示食品です。

  • 『まるごと黒豆茶』
  • 3つの特長
  • 1 黒豆の栄養をまるごと摂取! 2 1本あたり大豆イソフラボンを25r含有! 3 厳選した国産黒豆を100%使用!
  • 機能性表示食品 届出表示(届出番号 D616)

    本品には大豆イソフラボンが含まれます。大豆イソフラボンには骨の成分の維持に役立つ機能があることが報告されています。本品は丈夫な骨を維持したい方に適した食品です。

    本製品は、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。また、疾病の診断・治療・予防を目的としたものではありません。
    「食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」

    ※大豆アレルギー体質の方は、お飲みにならないでください。