血圧にいいレシピ

『ぎゅっと濃厚 30品目野菜』を使った、

朝食におすすめ!
パングラタン風

『ぎゅっと濃厚 30品目野菜』を使った、パングラタン風

 「時間栄養学」では、1日三食の中でまず、朝食で減塩をしていただくことが 高血圧改善につながりやすいと言われています。
 今回の「パングラタン風」は、夜寝ている間に失われがちな栄養や朝摂りたい栄養を含む食材を厳選しています。 ピザソースやホワイトソースの代わりに『ぎゅっと濃厚 30品目野菜』を使用することで、野菜の栄養を補いつつも、 カロリーはピザソ一スやホワイトソースを使った場合の半分以下に。
簡単に作れて、栄養が摂れ、減塩でもおいしいレシピで、朝こそ健康的な食事を心がけましょう。

1人分あたりの栄養価

  • エネルギー

    319kcal

  • たんぱく質

    17.5g

  • 脂質

    9.4g

  • 食塩相当量

    1.5g

材料(1人分)

ブロッコリー

3房(75g)

カレー粉

小さじ1/2

『ぎゅっと濃厚 30品目野菜』

1本

フランスパン

2切れ(40g)

ピザ用シュレッドチーズ

大さじ3(20g)

粉チーズ

大さじ1(6g)

作り方

1

半分に切ったブロッコリーを、ラップに包んで電子レンジ(600W)で約1分温める。表面の水分を拭き取り、 食品用ポリ袋の中でカレー粉を全体にまぶしておく。

半分に切ったブロッコリーを、ラップに包んで電子レンジ(600W)で約1分温める。表面の水分を拭き取り、 食品用ポリ袋の中でカレー粉を全体にまぶしておく。

2

耐熱皿に「1」を並べ、『ぎゅっと濃厚 30品目野菜』を全体にかけて、ト一スターで5分ほど加熱する。(途中、ブロッコリーが焦げてきたら、アルミホイルをかける。)

耐熱皿に1を並べ、『ぎゅっと濃厚 30品目野菜』を全体にかけて、ト一スターで5分ほど加熱する。(途中、ブロッコリーが焦げてきたら、アルミホイルをかける。)

3

4等分に切ったフランスパンをのせ、チ一ズを全体にかけてオ一ブント一スターでチ一ズに焦げ目がつくまで5〜6分加熱したら完成!
ソースにパンとブロッコリーを絡めながらお召し上がりください!

4等分に切ったフランスパンをのせ、チ一ズを全体にかけてオ一ブント一スターでチ一ズに焦げ目がつくまで5〜6分加熱したら完成!ソースにパンとブロッコリーを絡めながらお召し上がりください!

\減塩おいしさポイント/

  • ・トッピングのチ一ズでたんぱく質と、免疫力を高める脂溶性ビタミン、カルシウムがしっかり摂れます。 チ一ズの塩分が気になる方も多いと思いますが、チーズ20gで食塩相当量0.3gです。

  • 【時間栄養学とは】
     「何をどれだけ」「いつ食べるのか」という視点を考慮した、時間栄養学という考え方があります。 実は、塩分も摂る時間帯によって、体への影響が変わります。一番悪い影響を及ぼすと言われているのが朝の9時。 理想は、三食全てで「減塩」をしていただくといいのですが、1日三食の中でまず、 朝食で減塩をしていただくことが高血圧改善につながりやすいと言われています。
    また、味覚の面でも、朝一番の食事で塩分の高いものを摂ってしまうと、血中の塩分濃度が高くなり、 この高くなった濃度を維持するために昼も夜も高塩分の食事を本能的に欲するようになります。

小山 浩子氏

料理家・管理栄養士

小山 浩子

著作も多数あり、「目からウロコのおいしい減塩 乳和食」で2014年グルマン世界料理本大賞イノベイティブ部門世界第2位、2019年には「やさしい、おいしい はじめよう乳和食」で同大賞チーズ&ミルク部門世界第2位を受賞。健康と作りやすさに配慮したオリジナルレシピを発信し続けている。2015年1月、日本高血圧協会理事に就任。メディアで話題の乳和食の開発者でもある。

目次に戻る