血圧にいいレシピ

『健康体 GABAトマト』を使った、

ホットケーキミックスで簡単!
チーズブレッドとおはようスープの朝食セット

『健康体 GABAトマト』を使った、チーズブレッドとおはようスープの朝食セット

 1日3食すべての食事を減塩にすることは難しいという方は、 まずは朝食での減塩を意識してみましょう。朝食でうっかり塩分を摂りすぎてしまうと、血中の塩分濃度が上がり、 この濃度を保とうと脳が指令を出し、その後の昼食や夕食でも濃い味を欲するようになる危険があります。
そこで、今回は『健康体 GABAトマト』をだし、水分、調味として活用した朝食セットをご紹介します。 チーズブレッドとおはようスープの2品で『健康体 GABAトマト』1本を使い、缶に液体が残らない工夫をした簡単、おいしいレシピです。

1人分あたりの栄養価

  • エネルギー

    426kcal

  • たんぱく質

    13.4g

  • 脂質

    10.6g

  • 食塩相当量

    1.8〜2.2g

※『健康体 GABAトマト』の食塩相当量により0〜0.35gの変動があります。

材料(1人分)

【GABAトマトチーズブレッド】

ホットケーキミックス

1/2袋(75g)

ピザ用シュレッドチーズ

20g

『健康体 GABAトマト』

35g

【GABAおはようスープ】

『健康体 GABAトマト』

125g

大さじ1

ハーブソルト

小さじ1/5(1g)

オリーブ油

小さじ1/4(1g)

必ず「GABAチーズブレッド」から先に作ってください。

【GABAトマトチーズブレッド】の作り方

1

ボールにホットケーキミックスとチーズを入れてさっくり混ぜ、『健康体 GABAトマト』を全体にかけ、さらに混ぜる。

ボールにホットケーキミックスとチーズを入れさっくり混ぜ、健康体 GABAトマトを全体にかけ、さらに混ぜる。

2

生地がしっとりし、ひとまとまりになったら、オーブンシートに広げ、予熱をしていたトースターで焦げ目がつくまで7〜8分焼く。
※オーブンの場合は予熱有りで190〜200℃
※途中、焦げてきたら、アルミホイルをかぶせてください。

健康体 GABAトマトを全体にかけ混ぜる。

【GABAおはようスープ】の作り方

1

耐熱のスープ皿に残った『健康体 GABAトマト』と、水、ハーブソルトを加えて混ぜ、ふんわりラップをして電子レンジ(600W)で1分加熱する。
※水を加える際、一度缶に入れてゆすぐようにしてから入れるのがおすすめです。

耐熱のスープ皿に残った『健康体 GABAトマト』と、水、ハーブソルトを加えて混ぜ、ふんわりラップをして、ふんわりラップをし、電子レンジ(600W)で1分加熱する。水を加える際、一度缶に入れてゆすぐようにしてから入れるのがおすすめです。

2

スプーンで混ぜて塩を溶かし、仕上げにオリーブ油をかける。

スプーンで混ぜて塩を溶かし、仕上げにオリーブ油をかける。

\減塩おいしさポイント/

  • 【GABAトマトチーズブレッド】
    ・市販のパンには塩分が含まれるため、ホットケーキミックスをベースにパンを作りました。 塩分とカロリーの摂りすぎになりがちなバターや水分のかわりに『健康体 GABAトマト』を使用し、 チーズを加えることで、コクと旨みが出て、塩を加えなくても、材料3つで簡単にパンを作ることができます。

  • ・チーズは血圧降下作用が期待できるカルシウムを多く含みます。

  • ・ホットケーキミックスを混ぜる際、白ごまや粗挽き白こしょう、刻んだパセリなどを混ぜてもおいしくいただけます。

  • 【GABAおはようスープ】
    ・スープは、味をみながらつい調味料を入れ過ぎてしまいがちですが、『健康体 GABAトマト』は、だし、水分、調味を担い、 少量の塩とオリーブ油で味が決まります。

  • ・お好みで、チューブのにんにくを小さじ1/4ほど混ぜても本格的な味になります。
    またレモン汁を少量加えたり、皮の部分を除いたレモンの輪切りを浮かべてもおいしくいただけます。

  • ・季節や体調に合わせて、冷たいままでもおいしくいただけます。

小山 浩子氏

料理家・管理栄養士

小山 浩子

著作も多数あり、「目からウロコのおいしい減塩 乳和食」で2014年グルマン世界料理本大賞イノベイティブ部門世界第2位、2019年には「やさしい、おいしい はじめよう乳和食」で同大賞チーズ&ミルク部門世界第2位を受賞。健康と作りやすさに配慮したオリジナルレシピを発信し続けている。2015年1月、日本高血圧協会理事に就任。メディアで話題の乳和食の開発者でもある。

関連商品