• 中
  • 大

顔トレ“フェイスニング”で表情豊かに印象アップ

Vol11顔トレ“フェイスニング”で表情豊かに印象アップ

表情は大事な
コミュニケーションツール

 初対面で相手の顔を見た瞬間に、その人のイメージはかなり決まるといわれます。もしそのとき険しい顔をしていたら、怖そうな人、気難しい人といった印象を抱くのではないでしょうか。反対に、ステキな笑顔であいさつされたら、やさしい人、心温かそうな人というイメージを持つに違いありません。
 一方で、よく耳にするのが「日本人は表情に乏しい」という評価。確かに、日本には感情を表に出すのはつつしみに欠けるとする伝統がありました。でも、今やグローバルな時代。もっと喜怒哀楽を表に出してもよいのではないでしょうか。なぜなら表情は言葉同様、コミュニケーション手段の一つだからです。
図表

顔の筋肉を鍛えて
表情豊かに若々しく

 自分が普段、どんな表情をほかの人に見せているか、鏡に顔を映して観察してみましょう。目もと、口もと、あごなどがチェックポイントです。次に、笑顔をつくってみましょう。もし、ぎこちなく引きつった笑顔になるようだったら、日頃あまり笑顔を浮かべていないのかも。
 こうした方にぜひおすすめしたいのが顔トレーニングの「フェイスニング」です。顔には表情に関係する20種類近い筋肉があります。筋肉は年齢に関係なく、使用しないと萎縮してしまいます。運動をして身体の筋肉を鍛えれば体が若々しくなるように、顔も鍛えることで若々しさを保つことができ、表情も豊かになります。

よく噛んだり
きれいな肌を保つことも心がけて

 トレーニングをする際は、鏡を見て、形を正しくつくること。間違ったやり方は、顔によけいなしわやたるみをつくってしまいます。また、心身ともにリラックスした状態でやることも大切です。
 顔トレーニングとともにぜひ実践したいのが「よく噛む」こと。普段からやわらかいものばかり食べている人は、噛みごたえのあるものも食事に摂り入れましょう。よく噛むことで顔の筋肉も鍛えられます。
 表情をいきいきと見せるにはきれいな肌を保つことも大切。バランスのよい食事、十分な睡眠を心がけましょう。この季節は肌が乾燥しやすいので、保湿クリームなどで乾燥対策もしっかりと。
 心と表情は深く関係しています。表情が豊かになれば心も晴れやかになるというもの。自然と行動もアクティブになり、毎日が楽しくなるに違いありません。
図表


おすすめ記事

口の健康を支える口内ケア
口の健康を支える口内ケア
「髪の日焼け」に備える
「髪の日焼け」に備える
気温と気圧の変化による頭痛に注意
気温と気圧の変化による頭痛に注意
「皮膚トラブル」を防ぐスキンケア
「皮膚トラブル」を防ぐスキンケア

目次に戻る

Copyright (C)All Rights Reserved. ITO EN, LTD.