• 中
  • 大

「内臓冷え」を防いで秋を迎えよう

昼と夜のリセットタイムで血のめぐりアップ「内臓冷え」を防いで秋を迎えよう 東京女子医科大学付属青山自然医療研究所 自然医療部門准教授 兼 同クリニック所長川嶋朗先生

暦の上では秋とはいえ、まだまだ暑さが残る季節。ついつい冷たいものを口にしてしまう人も多いのではないでしょうか。
こうした冷たい飲食物の摂り過ぎから起こる「内臓冷え(節電反動冷え)」は、血行が悪くなり、だるさ、むくみ、肩こりなどの原因になります。
そこで今回は、「節電反動冷え」という言葉の名付け親で、統合医療の権威として活躍する、川嶋朗先生監修のもと、内臓冷えの基礎知識や実線していきたい予防策を紹介します。

冷えと体の機能低下
の因果関係

内臓型冷え性の原因と主な症状  残暑が厳しいこの季節、ついつい冷たい飲食物を過剰に摂取してしまう場合があります。
爽快感が得られ、体を冷やしてくれるものの、「内臓冷え(節電反動冷え)」として自覚症状がないまま、内臓の機能が低下する弊害が発生することがあります。
 老若男女を問わず、冷たいものが内臓を直接冷やすと血行や代謝が悪くなったり、代謝の低下により自己治癒力が損なわれたりします。
また、肩こり・片頭痛・不眠・食欲不振などの症状が出て、免疫機能が低下することもあります。腸が冷えると消化酵素の働きが衰え、ガスがたまったり、便秘や下痢の原因にも 。腸には細菌から体を守るリンパ球が多く存在し、冷えが機能を低下させることで抵抗力や免疫力が低下。
過剰な免疫反応でアレルギーを引き起こしたり、風邪や感染症に弱い身体にもなってしまいがちです。
 「内臓冷え」は夏バテの大きな要因にもなります。夏バテというと真夏にかかるものと思われがちですが、実際は8月の終わりごろから9月にかけて、残暑の時期にかかる人が多いのでまだまだ注意が必要です。

あたたかい体を保つ
食事と入浴、軽い運動

図表  「内臓冷え」対策には、次の3つの方法で体の中を温めることが肝心です。
まず、昼に温かい物を摂取すること。内臓を温め、発汗で体温調節をする人間本来の機能も呼び覚まします。ショウガやニンニクのほか、納豆やキムチといった発酵食品など、体を温める食材を使っても効果的です。
 次に、適度な運動。無理なく続けられる15分程度のウォーキングをしたり、外出時に極力階段を使ったりするだけでも体は温まります。また、数時間おきにストレッチを行うだけでも血行促進に効果があります。
 最後に、夜は湯船にゆっくりと入り、体内の血行を良くします。長時間の入浴が苦手でも、香りのする入浴剤を活用するなどして、30分間くらいは湯船につかるようにしましょう。
 この中で特に大切なのが、温かいものを摂取する昼と、湯船につかる夜。この1日2回をリセットタイムとして意識的に設けながら、内臓を冷やさない生活スタイルを実践していきましょう。内臓冷えは自覚症状がありませんので、少しでも身体に矛盾を覚えたら試してみてはいかがでしょうか。


おすすめ記事

夏を上手に過ごす「水分」の摂り方
夏を上手に過ごす「水分」の摂り方
自覚のない冷えは危険信号
自覚のない冷えは危険信号
食欲の秋におさえておきたいメタボ対策
食欲の秋におさえておきたいメタボ対策
「秋バテ」を防いで快適な日々を過ごそう
「秋バテ」を防いで快適な日々を過ごそう

目次に戻る

Copyright (C)All Rights Reserved. ITO EN, LTD.