伊藤園健康体

お電話での注文・お問い合わせ

0120-037-249

[お客様センター]平日9:00〜19:00

  • ログイン
  • お問い合わせ
 

寒さは血圧の天敵!冬は寒暖の差にご用心

寒さは血圧の天敵!冬は寒暖の差にご用心

血圧の変動が
ヒートショックを引き起こす


 寒くなってくると、お風呂や布団の中など温かい場所が恋しくなります。しかし、温かい場所には、冬こそ気をつけるべきヒートショックという危険な現象が潜んでいます。
 ヒートショックは、温度の急激な変動が原因です。居間と比べると、室温が低くなるトイレへ移動したり、浴室で熱い湯船につかったりすると、血圧が急激に変動して体に大きな負担がかかります。
血圧が急上昇すると、脳出血や脳梗塞、心筋梗塞の要因となり、急低下すると、脳貧血を引き起こして浴室での転倒事故につながります。

図表

家の中を
一定の温度に保つ


 ヒートショックの影響を受けやすいのは、高血圧や糖尿病、動脈硬化の人など、血管や血圧に不安がある人です。また、42℃以上の熱いお風呂を好んでいたり、一番風呂が好きな人も血圧が急上昇しやすいので要注意です。
 ヒートショックを防ぐためには、居間とトイレや脱衣所、浴室の温度差を極力小さくすることが大切です。例えば、脱衣所に暖房器具を置いて暖めたり、浴室の床や壁に温かいシャワーをまいて浴室を暖かくするなど、普段の暮らしにひと手間加えてみましょう。
 血圧の急上昇や急低下を防ぐ工夫も必要です。お湯の温度を39〜41℃のぬるめに設定したり、急に湯船に入らずに、心臓に遠い位置からかけ湯をして徐々に体を温めてから入浴することで、体を急激な温度変化から守ります。
 また、冬場のトイレもヒートショックには注意が必要です。トイレにも暖房器具を置いて暖めましょう。いきみすぎて心臓に負担をかけないように要注意。冬場は日々の生活にひと手間加えることを習慣づけて、寒い季節を乗り切りましょう。

図表


おすすめ記事

早めの対処で冷え性を乗り切ろう
早めの対処で冷え性を乗り切ろう
冬の入浴は血圧の乱高下にご用心
冬の入浴は血圧の乱高下にご用心
自宅でできるかぜ予防
自宅でできるかぜ予防
慢性的な肩こりを解消する
慢性的な肩こりを解消する

目次に戻る

Copyright (C)All Rights Reserved. ITO EN, LTD.