血圧にいいレシピ"

『健康体 GABAトマト』を使った、


GABAトマトのツナソ一スパスタ

『健康体 GABAトマト』を使った、ツナソ一スパスタ

 ツナに含まれるDHAやEPAは、血液をサラサラにするなど血液や血管の健康に関わり、動脈硬化の予防にも。牛乳に含まれるカリウム・カルシウム・マグネシウムには血圧降下作用が期待できます。
材料はとてもシンプルですが、高めの血圧対策におすすめの食材だけをセレクトした特別なトマトソースです。

1人分あたりの栄養価

  • エネルギー

    594kcal

  • たんぱく質

    26.1g

  • 脂質

    21.3g

  • 食塩相当量

    1.9g

材料(1人分)

A

『健康体 GABAトマト』

1缶

牛乳

50ml

鶏ガラスープの素(顆粒)

小さじ1(2.5g)

オイルツナ缶詰

小1缶(70g)
※フレークタイプがおすすめ

スパゲティ(1.6mm)

75g

作り方

1

Aを全て小鍋に入れ、中火よりやや弱火で、時々底を混ぜながらとろみがつくまで5分ほど煮詰める。

Aを全て小鍋に合わせて煮詰める

2

スパゲティをゆで、表示時間30秒前に引き上げてザルでしっかり水分をとり、ソ一スの鍋に入れる。

スパゲティをゆで、表示時間30秒前に引き上げてザルでしっかり水分をとり、ソ一スの鍋に入れる。

3

麺にソ一スを絡めながら、麺がやわらかくなるまで加熱し、お皿に盛る。

スパゲティをゆで、表示時間30秒前に引き上げてザルでしっかり水分をとり、ソ一スの鍋に入れる。

\減塩おいしさポイント/

  • ・『健康体 GABAトマト』の旨み、牛乳のコク、ツナ缶のほのかな塩味の調和で減塩でもおいしいパスタソ一スに仕上がります。

  • ・ツナはオイルタイプを使用することで減塩になります。その分カロリーが高くなるので麺の量を通常の2割ほど減らすのをおすすめします。

  • ・スパゲティには塩が入っていないので、ゆでる際に塩を入れなければ、麺自体は無塩です。麺は細めのものの使用がおすすめ。ソ一スがからみやすく、塩分控えめでも美味しく食べられます。

  • ・お好みでパセリのみじん切りを添えてください。

  • ・ボリュームを出したい時は、麺と一緒にカリフラワー又はブロッコリーを一緒にゆでてください。

小山 浩子氏

料理家・管理栄養士

小山 浩子

著作も多数あり、「目からウロコのおいしい減塩 乳和食」で2014年グルマン世界料理本大賞イノベイティブ部門世界第2位、2019年には「やさしい、おいしい はじめよう乳和食」で同大賞チーズ&ミルク部門世界第2位を受賞。健康と作りやすさに配慮したオリジナルレシピを発信し続けている。2015年1月、日本高血圧協会理事に就任。メディアで話題の乳和食の開発者でもある。

このレシピを見た方は、他にこんなレシピも見ています

『健康体 GABAトマト』を使った果実とお酢の爽やかトマトジュース 『健康体 GABAトマト』を使った豚ひき肉ときのこの減塩GABAトマトカレー
『健康体 GABAトマト』を使ったきのことサバ缶のGABAトマトリゾット
目次に戻る