血圧高めの方の運動方法 - ウォーキング -

「血圧が高め」の方におすすめの運動は、ウォーキングや早歩き、ジョギングなどの「有酸素運動」です。ただし、日ごろ運動をされていない方がいきなりジョギングをするなどはおすすめできません。自身の体調に合った運動方法で少しずつはじめて、継続していくことが大切です。そこで今回は、おすすめのウォーキング方法について詳しくご紹介します。

〇おすすめのウォーキング方法

有酸素運動の中でも日ごろの生活でも取り入れやすいウォーキング。このウォーキングも正しい姿勢で行うとより効果的です。
足を使ってしっかり地面を歩くことを意識し、息切れが発生する一歩手前くらいの速さで歩いてみましょう。
運動の習慣になれていない方は、まずは3〜5分間程度の短時間の運動を、休憩を挟みながら小分けにして行いましょう。特別な場所や物を必要としない運動として、手軽に取り組めることから始めてみましょう。

運動習慣がある方向けのウォーキング

大股で腕をしっかり振り、歩く速さを意識するようにしましょう。1日単位で目標をつくるよりは、1週間の合計運動時間が150〜300分/週となることを目指して歩いてみましょう。

運動習慣がない方向けのウォーキング

歩幅は、体の真下で着地できる程度で、膝は伸ばそうと意識せずにリラックスさせ、足裏全体で着地することを意識しながら、まずは3〜5分程度歩くようにしてみましょう。

福岡大学西新病院 病院長福岡大学医学部心臓・血管内科学 主任教授三浦伸一郎

監修

三浦 伸一郎 (みうら しんいちろう)

福岡大学西新病院 病院長
福岡大学医学部心臓・血管内科学 主任教授

福岡大学医学部心臓・血管内科学主任教授。大学院生のとき、「高血圧患者さんへの運動療法における降圧メカニズム」を明らかにし、博士(医学)を取得。その後、米国に5年間留学し、血圧上昇に関わるアンジオテンシン受容体の研究に従事。帰国後、高血圧や脂質異常症の予防・治療法に注力を注ぎ、現在、心臓リハビリテーションの普及にも努め、心血管病の一次予防・二次予防に取り組んでいる。

目次に戻る