• 中
  • 大

美しく健康な手を目指そう

Vol12 美しく健康な手を目指そう

第2の脳と
呼ばれる手

 押す、握る、つまむなど、私たちは手を使って毎日いろいろな動作をしています。複雑で精巧な動きをする指のおかげで、料理や裁縫など緻密な作業もでき、さらには、感触で分量を量ったり、ものを選り分けたりと、手はとても優れた器官です。
 全身の表面積の中で、手が占める割合は10分の1程度にすぎませんが、手と指をコントロールするために使われる大脳の領域は3分の1以上を占めるといわれています。指先には脳につながっている神経細胞が多く、手が「第2の脳」と呼ばれたり、哲学者のカントが、「手は外部の脳である」と言ったのもうなずけます。
 右手は言語表現や計算能力など具体的・論理的思考を司る左脳と、左手は直感や創造性などイメージや芸術性に関わる右脳と関係があるとされています。末梢神経が多く通っている指先を動かせば、脳への血流がよくなり、脳の働きが活発になるとはよく言われることですが、実際に手や指を動かした後、脳の血流量を測定したデータによれば、10%以上も血流がよくなったという結果が出ています。
 また、手にはあらゆる臓器のツボと経絡が集まっており、手と健康は密接な関係にあるといえるでしょう。

図表

お手入れついでの
マッサージが効果的

図表  体の中で手は一番の働きもの。毎日のお手入れで美しい手をキープしましょう。
 皮膚に負担のかかる洗剤や汚れはきちんと落とし、水分をしっかり拭き取ってから、化粧水とハンドクリームを付けるのがハンドケアの基本。クリームを塗りながらマッサージを行うと血行がよくなり、より効果的です。
 手の平、手の甲全体にクリームを伸ばしたら、指の付け根から指先へ、爪の周り、指の間と、すみずみまでなじませます。このとき、指の間、手の平中央、親指付け根の下のツボを指で押して刺激を与えましょう。手首からひじまで、さするようにクリームを塗っていき、ひじにはしっかりと塗り込みます。最後に両手をこすり合わせて、クリームをよくすり込みましょう。

まめに手を動かして
脳を活性化

 普段から指の運動を取り入れれば、脳は若返ると言われています。脳全体を活性化するために、両手を均等に動かしましょう。
 こぶしで手の平や甲をこすったり、指先をつまんで軽く振ってウォーミングアップ。親指とほかの指を1本ずつ合わせる指先合わせ体操は、左右違う指で指先合わせをすればより効果が大きくなります。手のマッサージと体操は、仕事や勉強を始める前に行うのもおすすめです。
 近頃は、手足を刺激するグッズも豊富。マッサージやツボ押しは入浴後や就寝前が最適ですが、いつでも気が向いたときに行って、脳と体を健やかに保ちましょう。
図表


おすすめ記事

元気な体は足もとから
元気な体は足もとから
景色を楽しみながら健康ウォーキング
景色を楽しみながら健康ウォーキング
紫外線から肌を守る対策法
紫外線から肌を守る対策法
「皮膚トラブル」を防ぐスキンケア
「皮膚トラブル」を防ぐスキンケア

目次に戻る

Copyright (C)All Rights Reserved. ITO EN, LTD.