• 中
  • 大

菌への正しい対策で食中毒を防ごう

菌への正しい対策で食中毒を防ごう

食中毒を招く
細菌とウイルスの違い


 徐々に暖かくなる中、気をつけたいのが「細菌」や「ウイルス」によって起こる「食中毒」です。
 細菌は、温度や湿度などの条件がそろうと食べ物の中で増殖し、その食品を食べることで下痢や嘔吐、発熱、腹痛が発症。 その他に食品中で毒素を出すものや、体の中に入って毒素を産生して中毒を起こすものもあります。一方ウイルスは、食べ物の中では増えず、食べ物を通じて体内に入ると人の腸管内で増え、食中毒を招きます。
 肉や魚などの食材には食中毒菌が付いているものとして扱い、清潔にしている台所でも、細菌やウイルスはいると考えましょう。 食器用スポンジや布巾、シンク、まな板、包丁などは、細菌やウイルスが付着し、増殖しやすいため、洗剤で洗ってからこまめに熱湯をかけ、日に干すなどして殺菌を心がけましょう。

図表

覚えておきたい
予防と対策


 どの食中毒の起因菌も予防は手洗いが最も大切です。
 調理前だけでなく、生肉や魚介類に触ると、必ず食中毒菌が付いていると思いましょう。 食品を保管するときは、清潔な密封容器に入れたり、ラップをかけるなどで細菌を「つけない」こと。 次に、低温で保存して細菌を「増やさない」ことです。肉や魚などの生鮮食品のほか、惣菜は購入後できるだけ早く冷蔵庫に入れ、冷蔵庫内で他の食品に接触しないような配置が大事です。 最後に、食品の加熱処理や台所用殺菌剤で、細菌を「やっつける」こと。生の食品だけでなく、温め直すときも中心部の温度が75℃以上になるように十分な加熱を心がけましょう。

図表


おすすめ記事

ウイルスや病気から体を守るために免疫力を高めよう
ウイルスや病気から体を守るために免疫力を高めよう
紫外線から「目」を守ろう
紫外線から「目」を守ろう
「髪の日焼け」に備える
「髪の日焼け」に備える
夏を快適に過ごす睡眠術
夏を快適に過ごす睡眠術

目次に戻る

Copyright (C)All Rights Reserved. ITO EN, LTD.