• 中
  • 大

夏バテを予防して健康的な夏を過ごそう

夏バテを予防して健康的な夏を過ごそう

夏バテの原因は
身体の疲労と胃腸への負担


 次第に暑くなってくるこの時期、気になるのが「夏バテ」です。
 人間の身体は、暑さを感じると汗をかいて、体温調節を行います。しかし、日本の夏は高温多湿。湿度が高いと、汗の蒸発がうまくできずに、体内に熱がこもってしまいます。
そのため、疲れがたまりやすくなってしまうのです。また、空調設備の発達した現代では、室内と屋外の温度差が激しく、その温度差に身体がついていけないこともあります。そうすると、自律神経の調子が整わず、疲れやだるさを感じるようになります。
 暑さの影響は他にもあります。体内の温度が上がると胃への血流が減り、汗によって塩分が排出されると胃酸の量が減ります。 そこに、冷たいものを摂取しすぎたり、同じようなものばかり食べる生活が続くと、胃腸の調子が悪くなります。


図表

生活リズムとバランスの良い
食事が夏バテ防止のカギ


 暑さで眠れずに睡眠不足になることは自律神経の不調の原因となりますので、就寝、起床の時間を一定にして、生活リズムを整えましょう。 昼間は、室内の温度と屋外の気温の差が5℃以内になるように空調の温度を設定することで、急激な温度変化による疲労を防ぐことができます。また、就寝前にぬるめのお湯にゆっくり入ると、リラックスでき、寝つきが良くなります。
 食事は、一日三食、質の良いものを食べることが大切です。汗で排出されてしまい、不足しがちになるビタミンやミネラル、疲労回復効果のある栄養素をバランスよく摂るようにします。食欲がわかない時は、香辛料や香味野菜を活用するのも良いでしょう。
 暑さに負けない身体をつくり、イベントごとの多い夏をいきいきと過ごしましょう。

図表


おすすめ記事

ウイルスや病気から体を守るために免疫力を高めよう
紫外線から「目」を守ろう
紫外線から「目」を守ろう
気温と気圧の変化による頭痛に注意
「髪の日焼け」に備える
「髪の日焼け」に備える
夏を快適に過ごす睡眠術
夏を安全に乗り切る「食品保存」

目次に戻る

Copyright (C)All Rights Reserved. ITO EN, LTD.