• 中
  • 大

睡眠・食事・筋肉ほぐしで疲れにくい体に

睡眠・食事・筋肉ほぐしで疲れにくい体に

疲れがたまりやすい
季節の変わり目


 春から夏へと季節が移り変わるこの時期、疲れがたまりやすい、体調を崩しやすいと感じる方も多いのではないでしょうか。季節の変わり目は、気温や天候が変わりやすく、その変化に体がついていこうとして体調を崩しがちです。
 また、4月からの新生活に適応しようと頑張った疲れが、慌しさがひと段落するこの時期に現れます。毎日をいきいきと過ごすためには、疲れをとることが大切。そのためには「睡眠」「食事」「筋肉ほぐし」がポイントです。
「睡眠」は、体や脳の疲れをとることができます。しかし、イライラしていたり体がこわばっていると、眠っても疲れがとれません。より良く眠るために、入浴で血の巡りを良くしたり、ホットミルクを飲んでリラックスするなどしましょう。

図表

食事と筋肉ほぐしで
疲労回復を促す


 「食事」は、疲れた体を回復するための栄養を得るために重要です。栄養バランスの整った食事をして、体の不調をとりましょう。また、疲労回復を促す栄養素を摂ることも重要です。ビタミンB群は、疲労をとるのに大切な代謝に関わる働きをするので、疲れを感じた時に積極的に摂りましょう。
 ビタミンCやEは、体に悪影響を及ぼす活性酸素を減らし、免疫力を高めます。上図の食品を参考にメニューを考えてみましょう。
 「筋肉ほぐし」は、体の緊張を緩めて血行を良くし、代謝を促して疲れをとる効果があるので、ストレッチやヨガなどで、全身をほぐしましょう。心地良い温度の部屋で、深呼吸をしながら行います。筋肉をゆっくりと伸ばすイメージで、気持ち良いと感じるくらいの強さがベストです。
 

図表


おすすめ記事

ウイルスや病気から体を守るために免疫力を高めよう
ウイルスや病気から体を守るために免疫力を高めよう
紫外線から「目」を守ろう
紫外線から「目」を守ろう
日常を見直して腰痛とさようなら
日常を見直して腰痛とさようなら
ミネラルウォーターで体の中から健康に
ミネラルウォーターで体の中から健康に

目次に戻る

Copyright (C)All Rights Reserved. ITO EN, LTD.