健活 3ステップ体操 足を踏みしめる動きで骨に刺激を!両足を大きく上げ下ろししましょう「四股踏み体操」

 今回は相撲の「四股」を踏む体操をご紹介します。
手を当てて足を踏みしめると骨に衝撃が伝わり、骨量を増やします。股関節周りを動かすことは転倒予防にも。また骨を丈夫にするには、日光を浴びることも大切。積極的に外出しましょう。

1 椅子に浅く座ります。足を左右にできるだけ大きく開き、両膝に手を当てます。
2 そのまま右足をゆっくり高く上げます。鏡を見ながらだと、左右同じ高さに上がっているか確認できます。
3 上げきったら、「よいしょ」と声を出しながら右足を下ろし、床について体重をかけます。自然に前かがみになるので、姿勢を戻して背筋を伸ばしてから左足を行います。 左右3回ずつで1セット。1日2セット行いましょう。
監修者 梁瀬寛氏(やなせひろし) 鍼灸治療院経営を経て、2014年に株式会社GOBOUを設立、代表取締役となる。 2015年には喫茶店のような地域密着型デイサービス「リハビリカフェ倶楽部 岡崎店」を開店。「ごぼう先生」の愛称で介護施設などで笑顔をつくる健康体操を日々実践中。
目次に戻る