南欧風夏野菜のぶっかけそうめん 1人分405kcal おいしい食事で毎日健康に!旬野菜レシピ キンキンに冷えたそうめんに、色とりどりおのたっぷり野菜と食欲をそそる薬味を加えれば、体にうれしいメニューに大変身!
【材料(4人分)】
・そうめん 50g×4束
・いか 150g
・なす 200g(2本)
・ズッキーニ 200g
・黄パプリカ 100g(1個)
・トマト 300g(2個)
・たまねぎ 200(1個)
・にんにく 5g(1/2片)
・オリーブオイル 大さじ2
・たかのつめ 1片
・酒 大さじ2
・塩 適量
【薬味】
・大葉 5枚
・みょうが 1個
・しょうが 1片
・長ねぎ 40g(1/2本)
・白ごま 大さじ1
【めんつゆ】
・だし 700ml
・濃口しょうゆ 100ml
・みりん 100ml
【料理手順】
1.大葉やみょうが、長ねぎは小口に刻み、しょうがはおろす。いかと野菜をさいの目切りにする。オリーブオイルに、にんにくのみじん切りとたかのつめを加え、弱火にかける。
2.切ったいかと野菜を歯ざわりが残る程度に炒め、塩・酒で味を調え、よく冷やしておく。白ごまは、フライパンできつね色になるくらいに中火で煎る。
3.めんつゆを合わせ、火にかけた後、冷やす。そうめんを茹でる。茹で上がったら流水で洗い、氷水で面をひきしめ、盛り付ける。
【調理のポイント】
トマトは湯むき、黄パプリカは皮をむくことで、野菜の口当たりが上品になります。白ごまを煎るときは、フライパンのうえで一粒跳ねたらOKの合図。ふっくらした白ごまから、香ばしさが立ちのぼります。

南欧風野菜とそうめんの
絶妙な組み合わせ

 つるっとしたのどごしが夏にはたまらないそうめんですが、定番なだけにいつも同じ食べ方になってしまう人も多いはず。今回はそうめんに合わないと思われがちな、南欧風の野菜を使用しました。不思議で絶妙な組み合わせですので、ぜひお試しください。
 このそうめんで使用した野菜は、パンにはさんだり、ごはんと炒めたり、スープに加えたりできる万能選手。常備菜として、冷蔵庫に入れておいても重宝します。いろいろな料理に上手に活用してみましょう。

食欲を衰えさせず
夏に負けない体づくり

一食あたりの栄養基準値に占める レシピの栄養値の割合 ※通常摂取を100%とする。 たんぱく質94% カルシウム147% 鉄43% ビタミンA 81% ビタミンB1 58% ビタミンC 203% 食物繊維79%  なすは胃腸の熱をとり、体を冷やしてくれる夏にうれしい野菜です。トマトに含まれるリコピンは活性酸素を消す働きのある抗酸化作用があり、ごまやオリーブオイルに含まれるビタミンEとの組み合わせでさらに効果がアップするといわれています。
 食欲の落ちやすい夏ですが、材料のたまねぎ、薬味の大葉やみょうがは、胃の動きを活発にしてくれるので、食欲の増進につながります。
 夏の暑さに負けないよう、食欲を保ち、いつまでも若い体で長生きをめざしましょう。


このレシピを見た方は、他にこんなレシピも見ています

30品目野菜を使ったえびと水菜の中華風おかずサラダ
「30品目野菜」を使ったフレッシュトマトのジャンバラヤ
「30品目野菜」サウザン風ドレッシング
「30品目野菜」を使ったあさりと小松菜のマンハッタンクラムチャウダー

目次に戻る