Vol6そばがきと森のホットサラダ 1人分559kcal おいしい食事で毎日健康に!旬野菜レシピ もっちりとした食感がたまらないそばがき。この季節においしいきのこと生野菜を加えれば旬を満喫できるサラダの完成です!
【材料】
〈そばがき〉
・そば粉(全層粉) 300g
・水 480g
〈サラダ〉
・エリンギ 100g
・舞茸 120g
・しめじ 120g
・ぶなしめじ120g
・えのき 100g
・銀杏(水煮) 50g
・長いも 60g
・赤パプリカ 30g
・水菜 200g(1/2束)
〈調味料〉
・サラダ油 120ml
・白ワイン 50ml
・濃口しょうゆ 大さじ2
・みりん 大さじ2
・だいだい果汁 大さじ2
・白ごま 大さじ1
【料理手順】
1.鍋にそば粉と水を入れよく混ぜる。トロトロになってきたら、中火にかけ、焦げ付かないようにへらで練る。火が通ったら鍋から取り出し、棒状に形を整える。
2.1のそばがきを食べやすい大きさに切る。きのこ各種も同様に一口大に裂いておく。長いも、赤パプリカ、水菜も食べやすい大きさに適宜切る。
3.油を敷き、きのこを強火で炒める。そばがきと銀杏を加え、白ワイン、濃口しょうゆ、みりんで味付け。火を止め、だいだい果汁を加え、野菜のうえに盛り、白ごまを振る。
【調理のポイント】
水菜は事前に冷たい水に浸しておくとパリッとします。きのこは水を吸う性質があるので洗わずに、炒めるときは焼き付けるようなイメージで旨味を閉じ込め、焦げ目が付いたらあおるようにしましょう。

手軽につくれるそばがきを
秋の味覚で楽しむ

 そばの季節は春と秋。秋の新そばを手軽に味わっていただくために、自宅で簡単につくれるそばがきのレシピを考えました。
 秋の味覚の代表格であるきのこと野菜は、「山菜きのこそば」などで分かるようにそばとの相性が抜群。もっちりとした食感のそばがきと、風味豊かなきのこ、しゃきっとした口当たりの生野菜を合わせることで、普段とは一風変わった味わいが楽しめます。
 また、そばがきに代用して、ご飯におこげを付け、そのうえからきのこと野菜をかけてサラダご飯にしてもおいしくいただけます。

そばはビタミンC、たんぱく質
食物繊維が豊富

一食あたりの栄養基準値に占める レシピの栄養値の割合 ※通常摂取を100%とする。 たんぱく質102% カルシウム235% 鉄129% ビタミンB1 202% ビタミンB2 138% ビタミンC 152% 食物繊維138%  そばがきはそばに含まれるおいしさや風味を十分に味わうことができ、栄養成分を丸ごと摂ることができます。
 そばはビタミンB群やたんぱく質が豊富。ビタミンB群は体の疲れや食欲不振の解消につながるといわれており、たんぱく質は身体の発育や生命の維持に欠かせないものです。
 また、食物繊維もこのレシピで多く含まれているものの一つ。おなかの中を掃除してくれる働きがあり、便秘や整腸に役立つといわれています。
食欲の秋こそ、おいしい料理を食べて健康に過ごしましょう。


このレシピを見た方は、他にこんなレシピも見ています

30品目野菜を使ったえびと水菜の中華風おかずサラダ
「30品目野菜」を使ったフレッシュトマトのジャンバラヤ
「30品目野菜」サウザン風ドレッシング
「30品目野菜」を使ったあさりと小松菜のマンハッタンクラムチャウダー

目次に戻る